HOMEコラムケータリングを利用するときの注意点

ケータリングを利用するときの注意点2019.7.21

ケータリングを利用するときの注意点

こんにちは!Delicookです。今回はケータリングを初めて利用したいと検討している方にぜひ見ていただきたい情報をまとめました。〝ケータリングサービス〟をどこかで耳にしたことがある方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、一体どんなサービスかを詳しく知っている方はどれだけいるのでしょうか。〝ケータリング〟と〝デリバリー(出前)〟とをおおよそ同じような印象を持っている方が多く、いざ利用する時に認識の違いからトラブルになる可能性もありますので、十分に理解してご利用いただきたいと思います。今回は、改めて〝ケータリング〟とは何か、利用する時の注意点をいくつかまとめて紹介いたします!

〝ケータリング〟と〝デリバリー〟

まずはよく耳にするこの2つの単語。違いをきちんとご存知でしょうか?イベントが多様化している中で、さまざまなシチュエーションに応じて幹事などの主催者は対応していかなければなりません。この違いを知っておくことで利用シーンに沿って最適なサービスを選択してください。

〝デリバリー〟

デリバリーとはいわゆる出前とイコールですが、料理の配達のみを行うサービスのことを指します。料理は調理済みのものが来るので、届いたらすぐ簡単に開封して食べられるようになっています。レストランなどの出前を除き、基本的には使い捨ての大皿などが使われるので、利用者自身で捨てる形式です。指定された場所まで配達することでサービスが終了するので、会場でのセッティングや片付けなどはサービスには含まれません。

〝ケータリング〟

ケータリングとは、出張型ビュッフェのようなサービスのことを指します。食事を指定された会場まで配達し、ケータリング業者によってビュッフェ形式の準備、終了後の後片付けまでがサービスの対象です。ドリンクや食事を給仕するスタッフの有無に関してはケータリング業者によって違うのできちんと確認しましょう。デリバリーは時間が経てば料理が冷めてしまいますが、ケータリングはビュッフェ形式にセッティングするため、固形燃料や湯煎などを使って温かい料理は温かい状態で食べることができます。また、一部ケータリング業者ではシェフが派遣され、その場で調理をするサービスを提供する場合もあります。

基本的には、イベントやパーティ会場で上記のようなサービスを提供することを指しますが、近年の芸能世界においては撮影の際に演者・スタッフに用意された弁当や茶菓子などの仕出し全般をケータリングと呼んでいることがあります。そのため仕出し業者が〝ケータリングサービス〟と謳っているケースもあるのでご注意ください。

ケータリング利用上のよくある誤解

懇親会や祝賀会などでケータリングを利用している方がいらっしゃるかと思いますが、それまでにあまり利用したことがない、あるいは初めて利用するという方によく見られるサービスに関する誤解があります。主に、参加者が大勢になるシーンでケータリングは利用されるので、こういった誤解が取り返しのつかないトラブルに繋がる危険性もあります。ハプニング防止のためにも、いくつかのよく聞く事例をご紹介いたします。

サービス内容に対する誤解

ケータリングサービスとは、会場へ料理をお届けし、準備や配膳、最後には片付けまでを行ってくれるというのは、一般的に利用者の方は理解していただいているケースがほとんどで正しい認識です。しかし、まれにその際の費用やサービス内容に認識のずれがあります。


サービスの大筋はどこの業者に委託されても大きくは変わらないことがほとんどですが、提示された金額が利用者の方が欲しいすべてのサービスを含んでいるとは限りません。そもそも駐在するスタッフがいるのか、料理のバリエーションは温製・冷製どちらもあるのか、スタッフ派遣の場合は別途費用がかかるのかというのには細かな設定がある業者もあるので注意が必要です。

サービスが付いていると思っていたのについていなかったでは、当日トラブルになってしまいます。スタッフの方がいると思ったのに、いなかったでは支障をきたすケースもたくさんあるかと思います。あるいは、欲しいサービスをすべて委託したところ、思っていた費用より多く請求され赤字になったりする可能性もあるのでしっかりと最終確認をして当日に挑みましょう。

ケータリングとデリバリーとが混ざった誤解

ケータリングとは、を理解されている方もデリバリーと似ていることから混ざって理解してしまうことで生じる誤解をご紹介します。

まずは、ケータリングサービスは即日利用はできません。デリバリー(=出前)といえば、電話をすればおおよそ1時間以内、あるいはその日中には利用できますが、ケータリングは事前に予約することが必要です。ケータリング業者と打ち合わせをすることで、利用シーンに沿ったサービスの提案や、会場でのセッティングの配置、料理の選択、最適な利用時間、などを決定していき、より満足できるサービスを受けることができます。事前に予約することで、人数変更やキャンセルになることもあるかと思います。キャンセル料に関しては打ち合わせを始める一番初めに確認しておくことで、トラブルを回避しましょう。

サービス内容と費用をきちんと理解しておくことで、トラブル発生の要因を最小限に抑えることができます。疑問に思ったことがあったらすぐにケータリング業者に相談・確認することを覚えておきましょう。

どういった情報を伝えておくとスムーズか

トラブル防止を違った観点から見てみましょう。もちろん各ケータリング業者がご利用者様にサービスに応じて確認する事項をきちんと把握はしていますが、利用者側からどういった情報をまず伝えておくと利用がスムーズかどうかを確認しましょう。
※チェックシートの一例

  • ☑開催日時・場所
    ☑準備時間/撤収時間
    ☑予算
    ☑イベント・パーティの趣旨
    ☑料理と参加者のボリューム
    ☑男女比・年齢層
    ☑火器使用の可否
    ☑スタッフ派遣希望の有無

おおよそ上記のカテゴリを共通認識として持っておけば、大きなトラブルになることはないかと思います。また、催事の目的と人数さえ決まっていればあとはお任せか、あるいはケータリング業者と一緒に打ち合わせを重ねながら決めていくこともできます。経験豊富なスタッフと決めていくことで、無駄のないお得なプランで利用できるかもしれません。

ご注文の流れ(ケータリング)

弊社Delicookの場合のご注文の流れを簡単にご紹介します。利用が確定していない、今後してみたいけどサービス内容がいまいち理解できていない、といったお客様でもお問合せだけでもお気軽にご連絡ください。

①まずはお見積り・ご予約

電話・メールフォーム・LINEいずれかからお見積り・ご予約を承っております。
◇受付時間 10:00~20:00
※メール・LINEは24時間対応しております。

②お見積り金額のご提示&ご予約完了

お問合せいただいた情報をもとにお見積り金額をご提示いたします。金額にご納得いただけましたらご予約完了となります。

③最終確認のご連絡

開催2日前までに最終人数のご確認をいたします。また、最終確認のご連絡にご返信がない場合は、弊社都合のキャンセル扱いとさせていただく場合がありますので、必ずご返信をお願いいたします。

④開催当日

開催当日、予定時間までにスタッフがお伺いし、サービス内容や食事の配置などを説明させていただきます。終了後はお皿や機材の回収をいたします。

以上が簡単なご注文の流れですが、内容に疑問等がありましたら随時ご説明などの対応をさせていただいております。当日の認識の相違やトラブルがないようにしっかりとご案内しますのでご安心ください。

さいごに

ケータリングを賢く活用して、満足のいくイベントを企画しましょう!ケータリング・デリバリーともに疑問点などあれば、なんでもDelicookにお問い合わせください。電話・メール・LINEにてお待ちしております。

Instagram

関連WEBサイトWeb site

  • 大阪のレンタルバーベキュー「BBQなう」
  • 大阪餅つき亭
  • © DRLICOOK
     
  • (平日)受付時間:10:00~20:0006-6695-7561
  • 24時間365日受付中!WEB予約
  • 24時間365日受付中!LINEで質問