HOMEコラム夏の納涼会はケータリングにお任せ

夏の納涼会はケータリングにお任せ2019.8.28

夏の納涼会はケータリングにお任せ

暑い夏が始まりました!会社での納涼会や、友人同士でのビアガーデンなど夏ならではのイベントが盛りだくさんです。バーベキューなどの屋外イベントも人気ですが、貸しスペースや会社の会議室・多目的室でケータリングを利用した納涼会を開いてみるのはいかがでしょうか。食事の準備だけが必要な場合は出前などの選択肢もありますが、ケータリングサービスを利用することで、準備から片付けまでケータリング業者にお任せできるので、幹事がラクできるのがおすすめポイントです。

そもそも納涼会って?

少しお堅い観点からですが、そもそも納涼会ってなんだと思いますか?納涼会の「納涼」の意味は、夏真っ盛りの暑さを避けるために、涼しさや過ごしやすさを工夫して整え、味わうことをいいます。つまり納涼会においては、身体の冷やすものを飲んだり食べたりすることで涼しさを感じて暑さをできるだけ忘れることが目的ということでしょうか。納涼会という言葉のほかにも、似たような目的のために「納涼船」や「納涼床」といったものたちも、工夫を凝らして納涼を感じるために行われていることです。

また、豆知識ですが「暑気払い」という呼び方をして飲み会を行うこともありますが、これは「納涼会」と似ているようで根本の意味合いが少し異なります。
「暑気払い」は、飲食をつうじて夏の暑さを打ち払う、といった意味合いがありますが、「納涼会」は飲食をつうじて夏の暑さを忘れようといった意味合いの言葉と言えます。意味合いが多少変わるだけですので、一般的には混合して使われているケースもあります。

社内イベントの納涼会って?

多くの企業においても、社内イベントで納涼会を開いているのをよく耳にします。年末に行う忘年会と同じようなもので、特に暑い中で汗を流しながら一生懸命に仕事をしている人に向けて、お疲れ様ですという意味を込めて開催しているようです。しかしながら参加者の方々は、納涼会という形だけを取り繕って飲み会と化していることがほとんどでしょうか(笑)

納涼会でポイントとなるもの

手っ取り早く、うだるような暑さを凌ぐにはまずはキンと冷えた飲み物がポイントとなるでしょう!お酒がお好きな方には存分にビールなどを飲んでいただいたり、そんなに強くはないけど少し甘いものを飲みたい方などでの飲み放題プランの充実度がポイント。準備が楽チンであるがゆえにケータリングサービスを利用したものの、飲み放題の種類やサービス内容に不満があっては元も子もありません。Delicookでは飲み放題プランはもちろんのこと、プランにもいくつか種類があるので参加者に合ったプランをチョイスできます。

①50種類飲み放題 1500円/人

一番人気はこれ!お一人様1500円で、本格バーテンダーが現地へ出張し、お客様へドリンクを振舞います。スタッフがいるので上司が飲み干すたびにドリンクの準備をしなきゃ…などと気を遣う必要はありません。安価で種類豊富なドリンクを楽しむことができます。

  • MENU
    生ビール/チューハイ(5種類)/ハイボール/焼酎(6種類)/ジンベース(10種類)/ウォッカベース(11種類)/ラムベース(9種類)/ソフトドリンク(7種類)

②93種類飲み放題 2500円/人

ワンランク上の飲み放題プランを楽しみたい方はこちらがおすすめ!上記の50種類に加えて、ワンランク上のドリンク類が組み込まれたプラン、もちろん本格バーテンダーの派遣もあります。老若男女、さまざまな嗜好の方が参加される会であれば、選択肢の多いプランにすることも良いでしょう。

  • MENU
    ①の50種類+カクテル(13種類)/赤ワインベース(7種類)/白ワインベース(6種類)/ウィスキーベース(9種類)/テキーラベース(8種類)

③飲んだ分だけ!プラン

あまり飲まない人が多く、飲み放題にしたほうが良いかどうか分からない、あるいはほとんど飲まない人ばかりだと分かっている場合は飲んだ分だけお支払のプランにしましょう。缶での提供になりますが、自分たちで用意するには余ってももったいないし、足りないような状況を作りたくない場合にはとても便利です。

  • MENU
    缶ビール/缶チューハイ/缶ハイボール/ソフトドリンク

3種類のドリンクプランをご紹介しました。状況に沿ったプランはあったでしょうか。詳しいメニューなどはこちらのページをご覧ください。

ケータリング使用のメリット

さてここまでケータリングを活用した納涼会の開催をおすすめしてきましたが、果たしてこれまで居酒屋などで集まって飲み会をしていたこととなにが違うのでしょうか。ケータリングを使用したときのメリットをご紹介します。

会場を選ぶ手間が省ける

納涼会だけではなく、忘年会や新年会などの繁忙期はどの企業も同じようにイベント開催を企んでいるため、どのお店もなかなか予約がとれません。早めに確保していても、日程変更・人数変更などの可能性は高く、キャンセル料が発生してしまう恐れもあります。ケータリングにおいてはオフィスの会議室内にでも届けてもらうことが可能なので、お店との日程調整のやり取りや空き状況の確認が不要になります。

また、なにかの新サービスや新商品の発表などを企画されている場合、スクリーンやプロジェクターの準備など飲食店ではできないケースが多くあります。設備のそろったホテル会場などであれば、対応はできますが費用もその分かかってしまう上に、会社のすぐ近くにちょうど空きがあるとも限りません。そのような時も、ケータリングであれば自社会議室の設備を利用することで、なんなく問題解決することができます。

移動時間のムダを改善できる

一定レベルの設備や食事を優先したばかりに、会社から会場まで少し遠いところしか予約が取れないというお悩みも解決できます!社員全員が大人数で移動ということになれば時間を大幅にロスしてしまうでしょう。あるいは、イベント終了時にその会場、その場で納涼会兼打ち上げを開催といったことも可能。ケータリングはお客様のご指定の場所に食事を提供しにお伺いしますので、お客様の都合に沿って会場を変えていただくことができます。移動時間がほとんどなければタイムスケジュールも比較的立てやすくなること間違いなし!

社内コミュニケーションの活性化

忘年会や納涼会のような年に一度のイベント時だけではなく、四半期ごとの食事会や懇親会においてもケータリング活用はおすすめです。いつもの居酒屋と違って社内で食事会を行えば、わざわざ居酒屋などに移動してまでも参加することを嫌がっていた社員などもふらっと立ち寄ってくれることもあるかもしれません。
また、飲食店では座席の位置を移動させたりすることができないか、あるいは制限がありますが、貸しスペースや自社内であれば自由そのもの。ほかのお客様の目を気にすることもなく、自由にセッティングして社内交流の一環として効果を発揮できるかもしれません。普段交流の少ない部署同士で座席を近くに配置したりするなど工夫を凝らすことも可能です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。会場の選定や移動の手配など一般的な飲食店で社内イベントを行う場合は、さまざまな準備が必要で面倒ごとが多いかと思います。しかし、自社会議室を使用したケータリングであれば日程調整だけ!参加者は移動することもないので、両者の手間が省けて一石二鳥です。ぜひ会社の納涼会にはDelicookにてケータリングを活用してみてください!

Instagram

関連WEBサイトWeb site

  • 大阪のレンタルバーベキュー「BBQなう」
  • 大阪餅つき亭
  • © DRLICOOK
     
  • (平日)受付時間:10:00~20:0006-6695-7561
  • 24時間365日受付中!WEB予約
  • 24時間365日受付中!LINEで質問