現在新型コロナウイルスの影響によりサービスの受付を一時停止しております。

ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~19:0006-6695-7561

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラムはじめての立食パーティー!お皿の持ち方や料理の取り方は?

はじめての立食パーティー!お皿の持ち方や料理の取り方は?

2021.6.12

ケータリングなどを利用した立食スタイルのパーティーは、結婚式やレセプションパーティーなどでよく取り入れられています。しかし、はじめて参加する人はお皿の持ち方や振る舞い方などが分からず、参加前から不安に思ってしまうのではないでしょうか?
今回は、立食パーティーでのお皿の持ち方や、料理の取り方などについて紹介します。

立食パーティーは基本的に会話を楽しむ場所

基本的に立食パーティーは、人とのコミュニケーションをメインに楽しむ場所だと思っておきましょう。立食パーティーは人脈を広げたり、相手との関係性を深めたりできる絶好の機会です。食事ばかりに夢中になってしまうと、他の参加者との会話が生まれないので勿体ないですよ。
また、急に話しかけられた時にすぐ返事ができるように、食事は少しずつ口に運ぶようにしてくださいね。ケータリングやビュッフェスタイルの美味しい食事を味わいつつ、参加者同士の交流を楽しむことを第一に心がけましょう。

立食パーティーでのお皿やグラスの持ち方は?

立食パーティーでは、着席スタイルと違って自分の席がありません。そのため、お皿やグラスを自分で持って移動する必要があるのです。誰かと会話するときも、お皿やグラスを持ったままになることも多くなります。
立食パーティーでは、お皿やグラスをどのように持てばいいのでしょうか?

お皿とグラスは片手で持とう

立食スタイルのパーティーでは、お皿とグラスを一緒に片手で持つようにしましょう。
持ち方は、まずお皿のフチの部分あたりにグラスを置きます。そして、親指と人差し指でグラスの下の部分を支え、他の指はお皿を支えるように持ってください。フォークや箸などは、口をつける部分が自分の方を向くように、お皿を支えている中指、薬指で挟んでおきましょう。最初は少し難しく感じるかもしれませんが、マスターできれば空いた方の手で料理を取ったり、ナプキンを使ったりできるので何かと便利ですよ。
ただし、グラスやお皿を落としてしまうと大変なので、バランスを取るのが難しければ無理して片手で持つ必要はありません。

立食パーティーでの料理の取り方は?


立食パーティーでは、ケータリング料理などが会場に設置されています。「料理は絶対に並んでいる順番にとって食べなければいけない」ということはありませんが、基本的には前菜からいただくもの。他にも、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。立食パーティーでは、スマートな料理の取り方も意識してくださいね。

サーバーやカトラリーは正しく使おう

料理を取るために用意されているサーバーは、正しく使いましょう。サーバーで取りにくいカナッペなどは、自分で食べる分であれば手で取ってもOKです。ただし、誰かに取り分けてあげる場合はサーバーを使うようにしてくださいね。
また、立食パーティーではテーブルにお皿を置いて料理を取るのは、あまり良しとされません。しかし、バランスを崩して料理をこぼしてしまいそうな場合は、無理せず一度お皿を置いてくださいね。
料理を食べるときに使うフォークや箸などのカトラリーも、正しい持ち方を意識して使いましょう。持ち運ぶときは、口をつける部分を自分の方に向けることを忘れないようにしてください。

料理を取り分けたらビュッフェ台から離れる

料理を取り分けたら、ビュッフェ台から離れるようにしてください。ビュッフェ台の近くで料理を食べたり、誰かと話し始めたりしてしまうと、料理を取りたい人の迷惑になってしまいます。自分の分を取り終えたらビュッフェ台から離れて、食事や会話を楽しむようにしてくださいね。

お皿に大量に料理を盛らない

お皿に料理を大量に盛らないことも、スマートな振る舞いには欠かせないポイント。たくさん料理を取って残してしまうのはマナー違反なので、食べられる分だけ取ることが大切ですよ。品よく見せるには、料理を少しずつお皿にのせることを意識してみてくださいね。
また、料理には冷たいものと温かいものがあります。前菜などの冷たい料理は冷たいものだけ、メインやフライなどの温かい料理は温かいものだけといったようにお皿に盛ると、料理を一番美味しい状態で楽しむことができます。振る舞われた料理を美しく、美味しく食べる配慮も忘れないようにしたいですね。

使用済みのお皿はサイドテーブルに置く

料理を食べ終わったあとのお皿は、会場スタッフに渡すかサイドテーブルに置くようにしましょう。基本的にサイドテーブルは下げ台として使われていて、食べかけのお皿でも置いていると下げられてしまうので注意してくださいね。
紙ナプキンなどを使った場合は、丸めて使用済みのお皿の上かグラスの中に入れてサイドテーブルに置いておきましょう。


はじめての立食パーティーは少しドキドキするかもしれませんが、基本的なマナーを覚えておけばきっと大丈夫です。お皿の持ち方や料理の取り方を意識して、スマートに振る舞いたいですね♪

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。