現在新型コロナウイルスの影響によりサービスの受付を一時停止しております。

ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~19:0006-6695-7561

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラムお酒を楽しく飲むなら「チェイサー」を!本当の意味や効果とは?

お酒を楽しく飲むなら「チェイサー」を!本当の意味や効果とは?

2021.7.5

お酒を飲むときに、一緒に頼む「チェイサー」。居酒屋やバーなどでお水を飲みたいときに「チェイサーお願いします」とオーダーする人も多いかもしれませんが、実は「水=チェイサー」ではないことを知っていますか?
今回はチェイサーの本当の意味や、お酒と一緒に飲むことでどんな効果があるのかなどを紹介します。

「チェイサー」は水のことではない!

「チェイサーは水のこと」と思っている人もいるかもしれませんが、本当の意味は少し違います。
チェイサーは「追いかける」という意味の「chaser」という英単語で、辞書では「強い酒のあとにすぐに飲む水や軽い飲み物」とされています。水だけでなく、人によっては炭酸水、ジンジャーエールなどのジュースをチェイサーとすることも。
また、海外などではウイスキーやテキーラのチェイサーとしてビールを飲むなど、強いお酒のあとに弱いお酒を飲んでいる人もいます。

日本では「水=チェイサー」が一般的

日本では一般的に、お店でチェイサーをオーダーすると水が出てきます。体質的に、日本人は欧米人よりもアルコールに弱い傾向があるので、「水=チェイサー」が浸透したのかもしれません。また、日本では日本酒と一緒に「和らぎ水(やわらぎみず)」が飲まれてきました。日本版のチェイサーと言えるこの飲み方も、日本における「水=チェイサー」に影響したのかもしれませんね。
日本でチェイサーを頼んで、アルコールが出てくることはほぼないでしょう。しかし、中にはチェイサーを注文すると炭酸水などを出してくれるバーなどもあるので、お水が欲しい場合は「お水をください」と伝えるようにしてくださいね。

チェイサーの役割や効果とは?


飲酒時のチェイサーはよりお酒を味わうため、健康のためにとても大切な役割をもっています。「チェイサーを頼むのはカッコ悪い気がする」「なんとなくお店に申し訳ない」と思う人もいるかもしれませんが、気にせずオーダーしてOKです。ここでは、意外と知られていないチェイサーの役割や効果を紹介します。

味覚をリセットさせる

味覚をリセットさせるという意味でも、チェイサーは大切な役割があります。ウイスキーやテキーラ、ラムなどのアルコール度数が高いお酒をロックやストレートで飲んでいると、だんだん味や香りが分からなくなってきたり、舌がしびれてしまったりすることも。そんなときにチェイサーを飲むと、再び風味がしっかり感じられるようになりますよ。
味覚をリセットさせたい場合は、冷たい水よりも常温の水やぬるめの水がおすすめ。プロがテイスティングするときにも常温の水をチェイサーにするそうなので、ぜひ試してみてくださいね。

お酒との飲み合わせを楽しむ

チェイサーは、お酒との飲み合わせを楽しむためにも飲まれていますよ。たとえば、ウイスキーを水で割ることで香りや味わいがさらに広がるように、ウイスキーを飲んだあとに水を含むことで、口の中で豊かな風味が感じられるようになります。ウイスキーのチェイサーには、他にもジンジャーエール、コーヒー、ミルクなども合います。テキーラは「サングリータ」と呼ばれる、トマトジュースをベースにしたノンアルコールドリンクが本場・メキシコでも定番のチェイサー。チェイサーは、お酒をさらに美味しく楽しむためにも欠かせないものなのです。

悪酔いや二日酔いを防ぐ

お酒とチェイサーを一緒に飲むと体内のアルコール濃度が下がるので、悪酔いや二日酔い予防に効果があります。悪酔いや二日酔いは、肝臓でのアルコール分解が追い付かず、体内にアルコールが残ってしまうことで引き起こされます。
アルコールが入っていないチェイサーをお酒と交互に飲めば、お酒と同じ量のチェイサーを飲むことになるので、体内のアルコール濃度を下げることができますよ。チェイサーは身体や内臓の負担を軽くするだけでなく、お酒の飲みすぎ防止にもなるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

脱水症状を防ぐ

アルコールによる脱水症状を防ぐために、チェイサーでしっかり水分補給するという役割もあります。アルコールには利尿作用があるので、飲んだ後は脱水状態になってしまうことも。また、体内でアルコールを分解するときにも水分が必要になります。飲んだアルコール以上の水分が失われると言われているので、飲酒時は水などのチェイサーも一緒に飲むことが大切です。
脱水状態のときは代謝が悪く、アルコールが分解されにくくなって二日酔いになってしまう可能性もあります。家に帰ってきたら、寝る前にも水を忘れずに飲むようにしてくださいね。

「追いかける」という意味のチェイサーは、「強い酒のあとにすぐに飲む水や軽い飲み物」のことです。日本では「水=チェイサー」が一般的ですが、海外ではビールなどのアルコールがチェイサーとして飲まれている場合があるので、オーダーのときは注意したいですね。
チェイサーには、味覚をリセットしてお酒をよりおいしく味わう、悪酔いを防ぐなどの大切な役割もあります。お酒を飲むときには、チェイサーと一緒に楽しみましょう♪

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。