ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~21:00072-200-2829

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラム飲み会で調子に乗りすぎた…「あるある」な失敗談を紹介

飲み会で調子に乗りすぎた…「あるある」な失敗談を紹介

2022.2.25

飲み会やパーティーなどのお酒の席で、つい調子に乗って飲み過ぎた経験がある人は多いはず。
今回は、お酒にまつわる「あるある」な失敗談を紹介します。

初めてのお酒で大失敗!

「成人式後の飲み会ではじめて友だちとお酒を飲んだとき。チューハイ2杯で気分が悪くなりトイレにこもっていたら、両親を呼ばれてしまいました。今思い出しても恥ずかしい…」(女性・30代)

「大学の新歓コンパで自分の適量というものが分からないまま、ひたすら飲んでしまいました。あとで友達から話を聞いたところ、私はよく分からないことを言いながら泣いていたそうです(笑)まさか自分が泣き上戸だったとは…。」(女性・20代)

お酒を覚えたばかりの頃は、特に飲み過ぎて失敗した経験がある人も多いようです。
「若気の至り」で済むレベルであれば良いのですが、自分が飲める量を分からないままアルコール度数が強いお酒を飲んだり、一気飲みをしたりするのは大変危険なこと。
まずは度数が低いお酒を選んで、自分のペースや適量を身に付けるようにしましょう!

記憶をなくし、見知らぬ場所で一文無しに!

「お酒には強い方だと思っていましたが、記憶をなくしたときは焦りました。しかも目が覚めると見知らぬ公園のベンチで寝ていて、持っていたカバンもなく、財布もない。幸いポケットにスマホは入っていたので、友人に車で迎えに来てもらい無事に帰宅できましたが、大反省です。」(男性・40代)

自分はお酒に強いと思っている人が、調子に乗って飲み過ぎて記憶をなくしてしまうパターンは多いもの。
翌日以降に、一緒に飲んでいた人からお酒の席での醜態を伝えられるという恐ろしいケースもあります。
いくらお酒に自信があっても、記憶がなくなるまでは飲まないようにセーブしたいですね。

好きな人の前で吐いてしまった!

「好きな人も参加しているサークルでの飲み会で、あろうことか吐いてしまいました…。緊張しすぎて、ハイペースで飲んでしまったことが原因です(涙)」(20代・女性)

「付き合いたての彼氏と飲みに行った帰り、道端で嘔吐。フラフラの私を介抱してくれた優しい彼氏は、現在の夫です!」(女性・40代)

お酒を飲みすぎると吐きたくなってしまうことがありますが、好きな人の前ではあまり見せたくない姿。
しかし、気になっている人の前では緊張して、いつもより飲み過ぎてしまう人も多いようです。
「介抱してくれた人と結婚した」というエピソードもありますが、チェイサーを飲んだり、途中からソフトドリンクに切り替えたりして、いつもより控えめにしておきたいですね。

会社の飲み会で失言!

「『今日は無礼講』と聞いて、上司にタメ口で絡んでしまった。あとで先輩から無礼講の意味を教えてもらい、即謝罪に。幸いにも優しい上司で笑って許してくれたけど、無知な自分を心から恥じました…。」(男性・30代)

「会社の飲み会で上司の名前を呼び捨てにしてたら、本人に聞こえていたこと!その後は仕事でも気まずかった。」(女性・30代)

会社の飲み会では、上下関係やさまざまなマナーなどに気を遣う場面が増えることも。
上司への失言や後輩への説教など、その場の空気が悪くなる言動はくれぐれも慎むようにしましょう。

転んでケガをした!

「飲んだ次の日ベッドに血がついてると思ったら、思いっきりヒザと手のひらを擦りむいていた!最初はびっくりしたけど、そういえば帰り道で転んだような…と記憶が蘇ってきた。」(女性・20代)

「どこにぶつけたのか、身に覚えのないアザができていた」「足首を捻挫していた」など、ケガにまつわる飲み会の失敗談は多いもの。
酔っぱらうと足元がおぼつかなくなり、転倒するリスクも高くなります。
気が大きくなったり注意散漫になったりすることもあるので、飲酒後のケガには要注意です。

終電を逃してしまった!

「友人と遅い時間から軽く飲んだ帰り、終電で乗り過ごした。タクシーで帰宅したら、飲み代より高くついて痛い出費になった。」(男性・50代)

「0:13と0:18を見間違って、終電を逃した!走れば間に合う時間だったのに。その日は近くのカラオケ店に入って始発を待ちました。」(女性・40代)

飲み会が盛り上がりすぎて終電の時間に間に合わなかったり、うっかり乗り過ごしたりと、終電にまつわる失敗談もたくさんありました。
終電を逃してしまうと、タクシー代がかかったり、始発まで時間をつぶせる場所を探したりしなければいけません。
飲み会ではその場を楽しみつつ、帰る時間も計算しておくようにしましょう。

今回紹介した失敗談に、思わず共感してしまった人もいるのではないでしょうか?
せっかくお酒を飲むなら、楽しい時間を過ごしたいですよね。
自分の体質や体調に合わせて、適量をマイペースに楽しむことができれば、大きな失敗はなくなるでしょう。
お酒だけでなくチェイサーも飲みながら、適度な飲酒を心がけましょう♪

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。