ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~21:00072-200-2829

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラム職場でもプライベートでも要注意!飲み会でがっかりされる振る舞いとは?

職場でもプライベートでも要注意!飲み会でがっかりされる振る舞いとは?

2022.8.30

「お酒の席が大好き!」「飲み会で楽しくなると、ついハメを外してしまう」という人もいるでしょう。
しかし、どれだけ楽しくても残念な振る舞いをしていると、人間関係にヒビが入ってしまう可能性も…。
今回は、職場やプライベートの飲み会で注意しておきたい、がっかりされる振る舞いについて紹介します。

説教をはじめる

酔っぱらうと、説教くさくなる人は多いもの。
みんなでワイワイ盛り上がっているところで、急に説教をはじめられると場の空気が台無しになってしまいます。
「せっかく楽しかったのに、うんざりする」「この人、空気読めないな…」と思われると、「酒癖が悪い」と敬遠されてしまうでしょう。
日頃からストレスをためていて心に余裕がない人ほど、飲んだときに爆発してしまう傾向があります。
説教くさくなる自覚がある人は、お酒以外の方法でこまめなストレス発散を心がけましょう。

泣き上戸になる

お酒を飲むと泣き上戸になるのも、残念な振る舞いです。
本人に悪気はなくても、周りの人は「かまってちゃん」に見える行動を面倒くさく感じたり、場がしらけてしまったりすることも。
飲み会のたびに愚痴を聞かされたり、ネガティブなことを言ったりしながら泣かれてしまっては、一緒に飲む人たちもたまりません。
泣きながら過ごすより、楽しい雰囲気で飲む方が、みんながハッピーな気持ちでいられるでしょう。

飲み過ぎて酔いつぶれる

飲み過ぎて酔いつぶれた姿を見せるのは、「自己管理ができていない」と残念に思われてしまうでしょう。
自分のお酒の適量がまだ分かっていない若い人ならまだしも、大の大人が酔っぱらって道端で寝たり、大切な物をなくしてしまったりするのは、周りの人も引いてしまいます。
またお酒を飲んで暴れるなど、暴力を振るうのは「酔っていたから」で許される問題ではありません。
酔いつぶれていた本人は忘れてしまった出来事でも、一緒に飲んでいた人たちはずっと嫌な印象を引きずることになります。
お酒は適量の範囲内で楽しむのが、スマートな大人のたしなみです。

自分の話ばかりする

飲み会や宴会で自分の話ばかりする人は、周りから「視野がせまい残念な人」「つまらない」と思われてしまいます。
長々と自分語りをしていたり、何度も聞いた武勇伝を繰り返し語ったりしている人は、せっかくのコミュニケーションを取る機会をムダにしているも同然です。
自分本位に話し続けていると「いつまで話す気なの?」「ちょっとうざい…」と、場をしらけさせてしまいます。
飲み会では自分の話はほどほどにして、相手の話もしっかり聞く意識を持つことが大切です。

キャラが変わりすぎる

普段とキャラが変わりすぎるのも、がっかりな印象を与える振る舞いです。
真面目な人が飲むと笑い上戸になったり、テキパキ仕事をこなす上司が実はお酒が弱かったりするのは、いつもの姿とは違う”良いギャップ”になるでしょう。
しかしお酒を飲むと急にボディタッチが多くなったり、言葉遣いが悪くなったりすると、「こっちが本性…?」と、周りから引かれてしまいます。
ギャップは大きな魅力がある反面、幻滅されることもあるので注意してくださいね。

店員に対して馴れ馴れしい

お店で働く従業員の人に対して馴れ馴れしすぎる態度をとったり、横柄に振る舞ったりするのは、人としての常識を疑われてしまいます。
馴れ馴れしい姿を見て、周りの人は「自分より立場が弱いと思っている人には、こんなふうに接するんだろうな」「礼儀がなってない人だな」と思うでしょう。
店員と客は対等な立場であることを意識して、思いやりのある振る舞いを心がけることが大切です。

食べ方のマナーが悪い

食べ方のマナーが悪すぎると、飲み会などで一緒に飲食をするのが苦痛に感じられることも。
クチャクチャと咀嚼音を立てて食べたり、極端に好き嫌いをしたりする人との食事は心から楽しめません。
細かいマナーにまで気を配るというより、まずは相手に不快感を与えない食べ方を身に付けるようにしましょう。
自分の食べ方に自信がない人は、信用できる友だちなどに一度意見を求めてみるのも良いかもしれませんね。

気配りしすぎ・しなさすぎ

飲み会で、不自然に料理を取り分けたりお酒を注いだりしていると、気配りのしすぎでわざとらしい印象を与えてしまいます。
かといって、自分の分の料理だけを取ってただ食べるだけ・飲むだけというのも、とても残念な振る舞いです。
飲み会や宴会などでは「これ美味しかったですよ、お取りしましょうか?」など、コミュニケーションを取りながら、自然な気配りを心がけたいですね。

お酒を飲み過ぎると思わぬ失態をさらしてしまったり、周囲に残念な印象を与えたりすることもあります。
その場の雰囲気を楽しむことはもちろん大切ですが、「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉があるように、飲み会や宴会、パーティーなどでの度が過ぎる飲酒は控え、節度をもった振る舞いを心がけましょう!

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。