ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~21:00072-200-2829

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラムお酒の席で泣いてしまう「泣き上戸」とは?意味や心理、改善方法を紹介

お酒の席で泣いてしまう「泣き上戸」とは?意味や心理、改善方法を紹介

2022.9.20

お酒を飲んで酔っぱらうと、泣き出してしまう「泣き上戸」。
たとえ悪気がなくても、周囲の人に「ちょっと面倒くさい…」と思われてしまうこともあるので、どうにか改善したいと思っている人もいるのではないでしょうか?
今回は「泣き上戸」の意味や心理、改善する方法について紹介します。

「泣き上戸」の意味は?

そもそも「上戸(じょうご)」という言葉には「お酒が好きな人」「お酒をたくさん飲める人」という意味があります。
「泣き上戸」は「お酒を飲んで酔っぱらうと泣き出すクセがある人」を指します。
飲み会や宴会が始まったときは普段通りなのに、酔っぱらってくると急に泣き出す人は泣き上戸です。
泣き出す理由は様々で、突然悲しくなって泣き始める人もいれば、ささいなことに感動して急に泣き出す人も。
泣き上戸の人は周囲に面倒な絡み方をすることもあるので、場合によっては引かれたり、面倒に思われたりすることもあるでしょう。

泣き上戸になる人の心理とは?

「なぜお酒を飲むと泣いてしまうんだろう…」「泣き上戸になる理由が知りたい」という人もいるのではないでしょうか?
ここでは、泣き上戸になる人の心理について解説します。

ストレスをため込んでいる

普段からストレスをため込みやすいタイプの人は、お酒を飲むと泣き上戸になってしまうことも。
なかなか自分の意見を言えなかったり、不満を口に出せなかったりする人は、酔っぱらった勢いでストレスが爆発してしまう可能性があります。
普段人前で泣かない人でも、お酒が入ることで愚痴と一緒に涙が溢れてしまうことがあるでしょう。

自己開示が苦手

自己開示が苦手な人も、酔っぱらって泣き上戸になりやすいと言われています。
自分の気持ちを表現することが苦手だったり、いろんなことを我慢したりしている人は、アルコールが入るとつい涙が流れてしまうこともあるでしょう。
「共感してもらいたい」「頑張っている自分を認めてほしい」などの気持ちが強いと、飲酒時に感情が表に出てきてしまうことも。
また、生きづらさを抱えている人はアルコールに依存しやすいと言われているので、当てはまる人は注意が必要です。

ネガティブ思考

泣き上戸の人は、ネガティブ思考で不安な気持ちになりやすいタイプも多いと言われています。
お酒を飲むと普段以上に不安感が大きくなってしまい、涙が出てしまうことも。
いつもは明るく振る舞っていても、人一倍繊細で傷つきやすかったり、臆病なところがあったりする人は、アルコールが入ると隠していた性格が現れて泣き上戸なってしまうこともあるでしょう。
また、コンプレックスがあったり、被害妄想が強かったりする人も泣き上戸になりやすいと言われています。

かまってちゃんタイプ

泣き上戸の人は、実は「かまってちゃん」なのかもしれません。
宴会や飲み会で泣いている人がいると、周囲は「どうしたの?」「大丈夫?」と気にかけてくれるもの。
輪の中心にいたい人や寂しがりやの人などは、自分に注目して欲しくて泣いているのかもしれません。
泣き上戸は「可愛い」「そばにいて守ってあげたい」と思われることもありますが、度を超えると面倒に思われる可能性もあるので気を付けた方が良いでしょう。

お酒が入って開放的になっている

お酒には、気持ちを高揚させてくれる効果があります。
開放的な気分になると、普段より感情表現も豊かになって、つい泣き上戸になってしまうという人も。
普段なかなか言えないことを話しているうちに、感情が高ぶって涙が溢れてしまうのかもしれません。

泣き上戸を改善する方法は?

泣き上戸は周囲を困らせてしまうこともあるので「どうにか改善したい」「お酒を飲んでも泣かないようになりたい」と思っている人もいるでしょう。
それでは最後に、泣き上戸を改善する方法を紹介します。

お酒はほどほどに

泣き上戸を改善したいなら、飲酒の量に気をつけましょう。
自分の適量を守れば、飲み過ぎて感情をコントロールできなくなるといったことはなくなるはずです。
「お酒と水を交互に飲む」「アルコールは最初の1杯だけ」など、自分でルールを決めておくと上手にお酒と付き合うことができるでしょう。

飲酒以外の方法でストレスを発散する

飲酒以外の方法で、日頃からこまめにストレスを発散することも大切です。
泣き上戸の人は感情を表現するのが苦手だったり、ストレスをためやすかったりする人が多いと言われています。
飲酒でため込んでいたストレスを爆発させないためには、話を聞いてくれる人に気持ちを吐き出したり、思いっきり没頭できる趣味を見つけたりすることが有効です。
気分転換にショッピングやカラオケに出掛けたり、適度な運動やアロマグッズを使ってリフレッシュしたりするのもおすすめ。
お酒以外の方法でストレスを発散できるようになれば、酔っぱらい方も変わってくるはずですよ。

お酒を飲んで気持ちが解放的になると、ため込んでいたストレスが爆発してしまい、泣き上戸になってしまうという人もいます。
飲み会やパーティーなどで突然泣きだして周りに迷惑をかけないためには、お酒はほどほどにしたり、普段から飲酒以外の方法でストレス発散をしたりすることが大切です。
せっかく飲むなら泣くのではなく、たくさん笑って楽しい時間を過ごしたいですね♪

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。