ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~21:00072-200-2829

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラム下戸の人が飲み会を楽しむには?お酒が飲めなくても宴会を楽しむ方法

下戸の人が飲み会を楽しむには?お酒が飲めなくても宴会を楽しむ方法

2022.11.30

お酒があまり飲めない人のことを「下戸」と呼びます。
下戸の人のなかには「お酒が得意じゃないから飲み会が楽しめない…」「飲めないことで周囲をシラけさせないか不安」という人もいるのではないでしょうか?
今回は下戸の人が周囲に気を遣わせないためのポイントや、お酒が飲めなくても飲み会を楽しむ方法などについて紹介します。

下戸の人が飲み会で気を遣われないためには?

「下戸の人が飲み会に来ても全く気にならない」という人がいる一方で、なかには「たまに迷惑だと感じてしまうこともある」という意見も…。
飲み会でお酒を飲めない人が周囲に気を遣われないためには、どうすれば良いのでしょうか?

幹事を引き受ける

飲み会でお酒が飲めない人がいると、周りは「飲めない人を誘ってしまって悪かったかな?」と思ってしまうかもしれません。
「お酒は飲めないけど飲み会のにぎやかな雰囲気が好き」という人は、自分が幹事になって飲み会を仕切るのがおすすめです。
下戸でも飲み会が好きな人というイメージができる上に、幹事を引き受けてくれたことに周りの人も感謝してくれるはずですよ。

注文係や会計係になる

率先して注文係や会計係をすることで、周囲から「気が利く人だな」と思ってもらえるはず。
みんなのドリンクを注文する際に自分のソフトドリンクをオーダーすれば、あまりお酒を飲んでいないことも目立ちません。
また「酔っ払いに会計を任せるのは不安なので、シラフの人が冷静に計算してくれると助かる!」という声もありますよ。

「車で来た」と伝える

飲み会に車で来たことを伝えれば、周りの人から無理にお酒を勧められることはないでしょう。
さらに「帰りは車で送るので、みなさんは気にせずに飲んでください!」と声を掛けると、参加者たちから「ありがたい」と思ってもらえるはずですよ。

酔いつぶれた人の介抱をする

お酒を飲めない人は、率先して酔いつぶれた人の介抱役に回るのも良いかもしれません。
泥酔した人はお店に迷惑をかけるかもしれないので、冷静に判断して対処できる人の存在は必要不可欠です。
お水を注文したり、タクシーを手配してあげたりすることで、周りから「この人がいてくれて助かった」と思ってもらえるでしょう。

下戸の人が飲み会を楽しむ方法

「下戸だけど、飲み会をもっと楽しみたい!」という人も多いはず。
ここではお酒が飲めなくても飲み会を楽しむ方法についてチェックしてみましょう。

無理してお酒を飲まない

下戸の人は周りがお酒を飲んでいるからといって、無理して飲まないようにしましょう。
体質的に飲めない人が無理に飲んでしまうと、具合が悪くなったり、倒れてしまったりする可能性があります。
「少しだけなら飲める」という人も決して無理をせず、自分のペースで楽しむことが大切です。

最初の一杯だけはアルコールがおすすめ

お酒が飲めない人でも、最初の乾杯ではアルコールを注文するのがおすすめ。
乾杯後は「誰がどれぐらい飲んだ」と気にする人はほとんどいないので、チェイサーのお水と一緒に少しずつ飲んだり、他のソフトドリンクを注文したりしましょう。
最初からソフトドリンクで乾杯できる間柄であれば問題ありませんが、そうでない場合には、とりあえず最初だけお酒をオーダーしてみてはいかがでしょうか?

料理やソフトドリンクを楽しむ

下戸の人の中には「飲み会に行くと割り勘で損をするのが気になる」という人もいるかもしれません。
割り勘で損をしないためには、料理やソフトドリンクをとことん楽しむのがおすすめです。
たとえお酒を飲んでいないとしても「飲んでいないから安くしてほしい」と要望してしまうと、その場の雰囲気を悪くする可能性も。
お会計の時に「たくさん食べたから、きっちり割り勘にしてくださいね!」と伝えると、他の参加者にも好印象を持ってもらえるはずですよ。

下戸仲間を見つける

同じ飲み会に参加している下戸仲間を見つけると、話が盛り上がるかもしれません。
お互いに「下戸」という共通点があると、一気に親近感が湧くはずです。
飲めない人同士での会話も、ぜひ楽しんでみてくださいね。

楽しいことを周囲に伝える

下戸の人は「自分も楽しい」ということを周囲に伝えることが大切です。
近くにお酒を飲めない人がいると「楽しめているのかな?」と、周囲に気を遣わせてしまうかもしれません。
「参加できて楽しい」という気持ちを伝えることで、他の参加者も心置きなく飲み会が楽しめるでしょう。
はじめに「お酒は得意ではありませんが、今日はみなさんと仲良くなりたくて参加しました!」と挨拶をしておくと、さらにポジティブな印象を与えられるはずですよ。

「下戸だから今度の飲み会は断ろうかな」「どうせ飲めないし、参加しても楽しめないだろうな…」と考えるのは、もったいないかもしれませんよ。
お酒が飲めなくても、立ち回りを覚えれば有意義な時間が過ごせるはずです。
飲み会やパーティーに参加すると、思わぬ出会いや仕事につながることもあるので、ぜひポジティブにとらえて楽しんでみましょう!

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。