ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~21:00072-200-2829

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラム会社の周年パーティーの目的は?準備はどうする?

会社の周年パーティーの目的は?準備はどうする?

2019.11.22

会社の創立記念を祝うイベントとして「周年パーティー」を開催する企業も多いかと思います。

この記事では周年パーティーがもつ重要な意義や、円滑な準備を進めるための計画、おすすめのパーティースタイルなどについて紹介します。是非社内パーティーを企画する上で参考にしてみてくださいね。

会社の周年パーティーを開催する目的は?

会社の周年パーティーは、周年記念行事として創業してから節目の年に開催されることが多く、一般的には5年、10年刻みで催す企業が多いようです。

ここでは、会社の周年パーティーを開催する目的や意義について説明します。

取引先や外注先と信頼関係を深める

社外の取引先企業や外注先を招いた周年パーティーでは、お互いの信頼関係を深めるという目的があります。実績をアピールし、良好な関係を築くことができる重要な機会です。

社史や実績などを、記念冊子や映像などで紹介することもあります。プレゼンテーションとしても大事な機会なので、フォーマルな雰囲気でおもてなしをしましょう。

社員を労い、モチベーションアップにつなげる

周年パーティーは、日頃会社のために働いてくれている社員に感謝を伝える目的もあります。パーティーの中で社員同士のコミュニケーションが生まれるので、社内の団結力アップにもつながります。

また社史や理念、これからのビジョンをみんなで共有することで、一体感を持って仕事に取り組もうとする社内の士気も高めることができるでしょう。パーティー時のイベントとして優秀な成績の社員を表彰したり、旅行券などのプレゼントを用意したりすれば、社員の仕事に対するモチベーションがさらにアップするはずです。

顧客に感謝を伝え、売り上げアップにつなげる

お店の周年パーティーは、いつも利用してもらっているお客様に対し、感謝を込めたサービスでおもてなしをする場合もあります。

今後も贔屓にしてもらい、さらに売り上げアップにつなげるキャンペーンとしての目的もあるでしょう。飲食店や美容系のお店であれば、〇周年限定メニューや特別価格コースを用意したり、プチギフトをプレゼントしたりするなどのアイデアがおすすめです。

もし周年パーティーの企画担当になったら?

もし会社の周年パーティーが5年、10年刻みで催されている場合は、前例を調べることも大変な場合があります。また取引先や顧客の方まで招くとなると、参加人数が増える上に、パーティーの成功が今後の会社運営に影響する可能性も。そのため周年パーティーの担当を任されると、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

ここでは周年パーティーの企画担当を任されたときに、円滑に計画や準備を進めていくためのヒントを紹介します。

必要な準備期間

大勢の人が参加する周年パーティーでは、早い段階から計画・準備をしておくことが鉄則です。パーティーの開催時期や場所、予定招待客数にもよりますが、できれば1年前くらいから計画を進めることができるとスムーズです。

社内のイベントであっても、遅くても3カ月前からは準備を始めるようにしましょう。

周年パーティーのプランニングをする

周年パーティーの企画を任された場合は、主催者となる社長などが考えているイベントのコンセプトをよく確認し、考えを共有してから計画していきましょう。周年パーティーの目的や意義を意識してプランニングすることが、スムーズに準備を進めるためのカギとなります。

プランニングの中でも、特に日程は早い段階で決定しましょう。社外からも招待するのであれば平日の方が良いこともありますし、社員の家族も招くのであれば土日が良いかもしれません。くれぐれも招待客リストには間違いがないように気をつけましょう。

周年パーティーには、立食スタイルがおすすめ

パーティーの形式は、着席や立食スタイルが馴染み深いですよね。その中でも会社の周年パーティーの場合は、立食形式のパーティーが企画する側にも参加する側にもメリットが多いことで人気になっています。

ここではパーティー会場の適切なサイズや、立食スタイルのパーティーがおすすめの理由について紹介します。

会場にベストなサイズとは

ゲストが快適にパーティーを楽しむためには、人数に応じた適切なサイズの会場を準備することが大切です。

招待客は、参加率が7~8割になることが多いです。会場の大きさに対して少し多めの人数を招待しておくと、参加者が適切な人数に収まるでしょう。会場を借りて周年パーティーを行う場合は、実際に下見に行って自分の目で会場のサイズを確かめた上で、会場スタッフと打ち合わせをしていくと良いでしょう。

立食スタイルがおすすめの理由

立食スタイルのパーティーは、主催者側に「気軽に来て楽しんでほしい」「参加者同士の交流を深めてほしい」というコンセプトがある場合、特におすすめです。

また様々な企業の方が参加するパーティーで着席型にすると、席順が大変難しくなります。立食スタイルにすることで、主催者側も席決めに頭を悩まされることがなく、ゲストも自由に会場内を動くことができて、交流の輪が広げられるでしょう。

また会場の一角には椅子を用意してゆっくりできるスペースを確保し、デザートやアルコールなどもケータリングと一緒に用意しておくと、ゲストの満足度はより高くなるはずです。

いかがでしたか?
会社の命運を分けるかもしれない周年パーティー。以上のポイントを参考にして、是非成功させてくださいね♪

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。