ケータリングを大阪でお探しなら「Delicook」安くて美味しいおしゃれなオードブル料理をご堪能ください。

年中無休 お電話での受付時間 10:00~20:0006-6695-7561

ケータリング 大阪 Delicookケータリングコラム社内イベントで喜ばれる景品選び

社内イベントで喜ばれる景品選び

2020.1.10

忘年会や新年会、歓送迎会、懇親会など、社内の恒例イベントでは、景品が当たるゲームを企画する幹事さんも多いのではないでしょうか。

喜ばれる景品を用意することで、イベントの注目度や参加率もアップしますよ。日頃の感謝や慰労の意味を込めて、もらった人が嬉しくなるような景品を準備できるといいですね!この記事では人気の景品や、景品を選びのポイント、ワクワクする景品の渡し方などを紹介します♪

景品選びのポイント

会社のイベントで行われる、景品付きのゲームを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。この景品を工夫することで、社内イベントをアピールしたり、参加者アップにつなげたりすることができますよ。

ここでは、商品を選ぶときに気をつけたいポイントについて紹介します。

持ち運びが難しいものは、現品ではなく「目録」を渡す

持ち運びが難しいものを景品にしてしまうと、受け取った人が負担に感じたり、公共交通機関で持って帰れなかったり、二次会に参加することもできなくなる可能性があります。

要冷蔵の生もの、大きすぎたり重すぎたりして持ち運びが不便なものは、現品ではなく目録として渡すようにしましょう。後日受け取った人が都合のいいタイミングで、自宅に直接届けてもらうことができるのでオススメですよ。

自社、取引先の商品も検討する

豪華な景品をたくさん用意して参加者を喜ばせたいところですが、景品選びを予算内に抑える必要がありますよね。できるだけコストをかけずに良い景品を揃えるために、自社の商品も検討してみましょう。あとで実際に使った感想を社員に聞くことができるので、会社にもメリットがあります。

また取引先の商品を使わせてもらうこともオススメです。今後の取引が、うまく進むきっかけになるかもしれませんよ♪

社内イベントで喜ばれる景品3選

ここでは社内イベントの目玉景品として、みんなに喜ばれるもの3選を紹介したいと思います。高級感、特別感がある景品で、イベントの注目度を高めましょう!

ギフト券

好きなお店で買い物ができる、好みの食材やアイテムを選んで購入できるギフト券は、どんな人からも喜んでもらえる景品です。貰った人も汎用性が高い上に、景品を準備する側としても用意に手間がかからないというメリットがあります。目玉景品として「〇万円分」を準備しても良いですし、少額のギフト券をたくさん用意して、多くの人に当たるようにしてもいいでしょう。

テーマパークペアチケット

有名なテーマパークのペアチケットは、注目度が高い人気景品になりますよ。普段はテーマパークに行かないという人でも「せっかく貰ったから行ってみようかな」という気持ちになるので、意外と性別を問わず幅広い年代の人に喜んでもらうことができます。

便利家電

美容家電や、暮らしを少し便利にする家電など「自分では買わないけれど、あったら便利だな」と思われる家電は喜んでもらえます。予算を抑えたいなら電動歯ブラシや調理家電、少し奮発するなら空気清浄機やお掃除ロボットなど、物によって価格帯を選べるところもオススメのポイントです。

既に持っている家電が当たっても、家族や友人に譲りやすいので「貰っても処分に困る」といったことはありません。

ワクワク感が高まる景品の渡し方

喜んでもらえそうな景品が揃ったら、景品を渡す演出まで工夫して、参加者によりワクワク感を楽しんでほしいですよね!ちょっとした工夫をするだけで、参加者の景品に対する期待感は高まりますよ。最後に、ワクワク感が高まる景品の渡し方の例を紹介します。

事前に景品のシルエットやヒント、モザイク写真を公開する

社内イベントの事前告知をする際に、目玉景品のハッキリした情報ではなく、参加者に想像をふくらませるような伝え方をするとワクワク感がアップしますよ。

たとえば某キャラクターのシルエットを出して「もしかしてあのテーマパークのチケットかも?」と思わせたり、モザイクをかけた豪華家電の写真で「まさかこれが当たるの?」「さすがにパロディー品が用意されてるでしょ~」と思わせたりと、参加者の想像をふくらませるヒントを出してみましょう。

最後まで誰に何が当たったのかを秘密にしておく

たとえばビンゴゲームでは、最初にビンゴになった人から用意された景品を選んだり、一等の商品を渡されたりすることが多いでしょう。この場合はじめは盛り上がるものの、良い景品が取られていくうちに、他の参加者の意欲はなくなってしまいます。

ワクワク感を最後まで持続させるためには、景品内容が書かれた紙を封筒に入れて、ビンゴになった人にランダムで配布するようにします。用意した全ての封筒がなくなった時点で、みんな一斉に開封し、誰に何が当たったかが分かるようにしてみましょう。ビンゴにならず景品がもらえなかった人も、結果発表を見ながらドキドキしてしまうはずですよ。

いかがでしたか?
喜ばれる景品を用意することで、社内イベントが一層盛り上がるでしょう。景品と渡し方の演出にまでこだわると、ワクワク感を楽しむことができます。
幹事の意気込みを感じる景品選びで、みんなが参加したくなるようなイベントを企画しましょう!

風船アニメーション01 風船アニメーション02 風船アニメーション03 風船アニメーション04 風船アニメーション05

現役フレンチシェフが作る
ご利用シーンに合わせた
ケータリング料理をお届け。